顔脱毛エステ

エステで鼻下や口ままりの脱毛を希望する女性の方へ。エステへ行く際の注意点をご紹介。

しみやそばかすがあると顔脱毛はエステでできるの?

シミやソバカスの正体はメラニンです。

お肌は紫外線を浴びると、皮膚の中にまでは紫外線を入り込ませないように、お肌の表面を黒くしてカバーします。

この黒色がメラニンそのものです。で、紫外線の脅威が去ると、次第にメラニンの量が減ります。が、新陳代謝の衰えなどで、メラニンが残ってしまったのが、シミやソバカスということになります。 また、このメラニンは毛母細胞の付近でも作り出されています。この分は毛根に取り込まれ、毛の色の元になっています。毛が黒かったり、赤かったり、白かったりするのは、メラニンの色と量次第なのです。 エステサロンで採用されている脱毛方法はフラッシュ脱毛です。

お肌の上から強力な光を当て、毛母細胞や毛根の中のメラニンに受け止めさせます。この光のエネルギーが熱となります。メラニンもろとも毛母細胞なども焼失することで、発毛機能もなくなるのです。

メラニンが含まれていますから、あまりにひどいシミやソバカスの場合、脱毛はできないかもしれません。 強引にやるとシミ・ソバカスの部分が熱を持ってしまいます。と、同時に毛母細胞などへは十分な光が届かなくもなります。

が、軽度の場合、逆にシミやソバカスが改善することもあります。

というのは、皮膚の中の細胞がフラッシュ脱毛の光による刺激を受け、新陳代謝が活発になることがあるのです。

となると、メラニンを含んだ古い細胞も次々排出され始めます。

どちらになるかは、ちゃんとお肌をチェックしてみないと分からないようです。

ですから、「シミ・ソバカスがあるから」と簡単にあきらめないで、カウンセリングは受けてみる価値はあるでしょう。

脱毛サロンが途中で倒産してしまったらどうなる?

サロン選びの条件として、「倒産・閉店の可能性のないところ」を加えるべきです。

が、実際にはこのチェックを全くしない人もいれば、ちゃんと考えたのに、倒産に遭ってしまう人もいます。

そもそも、正確にサロンの経営状態を把握し、しかも一年二年先のことまで見通すなど、現実には無理です。

「自分が被害者になることはあり得ない」と断言できる人はまずはいないでしょう。

ということで、倒産・閉店に出くわした時の対応の仕方を知っておいた方がいいでしょう。その場になってからでは、後手に回ってしまうでしょう。 まず、料金は全額前払いで済ませている場合。もし、そのサロンが「日本エステティック業協会」に加盟していれば、協会で救済を受けられる場合があります。ほかの加盟店でその後のサービスが受けられることがあるのです。

ただし、もとの契約内容のままではないようです。いくらか内容が落ちるのは受け入れましょう。

また、まったくその契約を引き継ぐところがないのならば、債権者のひとりとして行動することが考えられます。お金を貸したわけではありません。が、前払い料金があるので、債権者としての資格は十分です。

債権者名簿に載っていれば、お店の財産を処分した時などに、多くはほんの申し程度の金額ですが、いくらかは返ってくるかもしれません。

支払いをローンにしていているならば、そのローン会社にすぐに連絡しましょう。ちゃんと交渉すれば、以後の支払いをやめることができる可能性があります。

こちらでは脱毛サロン選びのポイントをご案内しています。顔の脱毛はトラブルにもなりやすいので事前にきちんと調べましょう。

最新のサイト速報

熱を力を利してワキや脚をはじめとしたムダ毛の処理を行うサーミコン式と呼ばれるプライベート用の脱毛器は、電量をチャージする必要がないため、時間に関係なく念入りに脱毛処理をしていくことが可能で、他と比べると少ない時間でムダ毛の脱毛処理が可能です。

大阪で人気のメンズ脱毛絵サロン

コラーゲンは、UVに当たったりダメージを頻繁に受けてしまったり、心や体のストレスが徐々に積み重なったりすることで、損なわれ、行く行くは生成することが困難になっていくのです。

≫≫フェイシャルエステ 札幌


PAGE TOP

Copyright (C) 2014 顔脱毛エステで失敗しない All Rights Reserved.